AWS Certified Solutions Architect - Professional (SAP-C01) メモ

AWS Certified Solutions Architect - Professional (SAP-C01) メモ

Takahiro Iwasa
(岩佐 孝浩)
Takahiro Iwasa (岩佐 孝浩)
4 min read
AWS Certification

AWS Certified Solutions Architect - Professional (SAP-C01) 試験に合格しましたので、メモを残しておきます。

受験前の AWS スキル

AWS の主要なサービスを使用しており、2017年3月に Solutions Architect - Associate (SAA-C00) に合格しました。

アソシエイト試験を受験する際、主な目標は、会社の AWS パートナー更新期限前に合格することでした。今回は、クラウドネイティブアーキテクチャの背景にある概念を理解することを優先しました。

準備

2019年7月に受験することを考え、2019年9月頃に受験する予定を立てました。しかし、試験が2月に完全に更新されていました。試験のトピックが変更され、合格基準が約10%引き上げられていました。新しいバージョンの情報が見当たらず、学習が停滞します。

幸いなことに、 Jayendra’s Blog が、新バージョン向けに更新されており、試験のトピックを知ることができました。

AWS 公式模擬試験

10月13日に、 AWS の公式模擬試験 (4,400円) を受験しました。

1.0  Design for Organizational Complexity: 0%
2.0  Design for New Solutions: 80%
3.0  Migration Planning: 75%
4.0  Cost Control: 50%
5.0  Continuous Improvement for Existing Solutions: 85%

受験

初回受験

10月27日に受験し、スコアは 684/1,000 でした。180分で75問に解答する必要があります。時間配分をあまり気にしておらず、90分で32問しか解答できていませんでした。

再受験

初回の試験を振り返り、12月8日の試験では、「2分以内に1問」という原則に従い、 902/1,000 で合格しました。

学習資料

Blog

Jayendra’s Blog

これは、試験のトピックを理解するために最良のリソースでした。コンテンツがよく整理されており、学習の過程で最初から最後まで役立つと思います。

AWS 公式資料

練習問題

Udemy - AWS Certified Solutions Architect Professional Practice Exam

詳細な説明が役立ち、 Udemy プラットフォームで時間配分を練習することができました。

まとめ

この試験を通じて、 AWS におけるクラウドネイティブアーキテクチャの全体像をつかむことができたと思います。試験は AWS のサービスを対象としていますが、キーコンセプトは Azure, GCP, または他のクラウドプラットフォームとそれほど異ならないと思います。

Takahiro Iwasa
(岩佐 孝浩)

Takahiro Iwasa (岩佐 孝浩)

Software Developer at KAKEHASHI Inc.
処方箋データ収集基盤の設計・開発・運用に携わっています。