New Relic One - Synthetics 紹介

New Relic One - Synthetics 紹介

Takahiro Iwasa
(岩佐 孝浩)
Takahiro Iwasa (岩佐 孝浩)
5 min read
Synthetic Monitoring

AWS ユーザーは通常、モニタリングに CloudWatch を使用しますが、リージョンレベルの大規模障害が発生した場合に AWS リソースを外部からモニタリングできるように依頼されました。 New Relic One は、モダンな UI と強力な機能で、最良の選択肢の一つでした。

New Relic One アカウント登録

New Relic One で、無料アカウントにサインアップしてください。無料アカウントでは、ユーザーは月に最大100GBのデータを収集でき、1人のユーザーにはすべての機能へのフルアクセスが提供されます。

Sign up をクリックしてください。

名前とメールアドレスを入力し、 Start now をクリックしてください。登録確認のメールが届きますので、登録プロセスを完了してください。

Synthetics 設定

メニューの Synthetics をクリックしてください。

Get started をクリックしてください。

以下のとおり入力してください。

FieldValue
Monitor TypeAPI Test
Monitoring Name任意
Monitoring Locations任意
Schedule要件に基づいた値

デフォルトのスクリプトを修正してください。この例では、 GET メソッドを使用して https://www.google.co.jp にアクセスしています。

Synthetics のセットアップが完了したら、左上隅のアイコンをクリックしてページの先頭に戻ってください。

Notification 設定

Alert Policy 作成

メニューの Alerts & AI を選択して Notification channels をクリックしてください。

Create a policy をクリックして、 Alert Policy を作成してください。

要件に基づいて Incident Preference を選択してください。

Alert Condition 作成

Create a condition をクリックしてください。

今回は Single failure を条件タイプとして選択しました。これは、単一の障害が発生した後にアラートが送信されることを意味します。

Synthetics を選択してください。

任意の名前を入力し、 Create condition をクリックしてください。

Notification Channel 作成

サイドメニューの Notification channels をクリックしてください。

New notification channel をクリックしてください。

この投稿では、チャンネルタイプとして Email を選択しました。もちろん、他のオプションとして Slack などを選択することもできます。

アラートを送信するためのメールアドレスを入力し、 Create channel をクリックしてください。

Alert Policy を Notification Channel にアタッチ

Add alert policies をクリックしてください。

上記で作成したアラートポリシーを選択し、変更を保存してください。

Notification channel に設定されているアラートポリシーを確認できます。

テスト

API テストを故意に失敗させて、アラートを受信するには、作成したスクリプトでURLを https://www.google.co.hoge に変更してください。

アラートを受信するはずです。

インシデントの確認後、 Acknowledge をクリックしてください。

インシデントを手動でクローズしてください。

(任意) New Relic One Account 削除

アカウントが不要な場合、以下の手順に従ってアカウントを削除してください。

アカウントメニューで Organization and Access をクリックして、組織ページに移動してください。

Delete organization をクリックしてください。

Takahiro Iwasa
(岩佐 孝浩)

Takahiro Iwasa (岩佐 孝浩)

Software Developer at KAKEHASHI Inc.
処方箋データ収集基盤の設計・開発・運用に携わっています。